2016年1月27日水曜日

事業目的とデューデリジェンスの関わりとは?

事業目的とデューデリジェンスの関わりとは?www.cantechsjapan.com
 デューデリジェンスは、投資家が不動産における多角的な調査で、物理的調査(建物調査診断、耐震リスク、環境汚染等)、経済的調査(採算性評価、市場性リスク)、法的調査(権利関係の損害賠償等)により、リスク・リターンの検証調査資料として、投資家の意思決定するための諸資料である。
 物理的調査は、一般的に建物調査・土地状況調査・環境調査であり、エンジニアリングレポートと言われているが、LCCを含めたFMシステム評価として、将来予測のキャッシュフローの明確化(IRR、NPV、回収期間等)とリスク率(割引率:Wacc)の評価作業(DCF法による収益価格の査定:現在価値)の経済的調査との連携を必要とする。

 弊社の事業目的とデューデリジェンスとの関わりは、①建物資産鑑定は、この物理的調査の建物調査に特化したエンジニアリングレポートで、再生エネルギー事業の②採算性評価は、デューデリジェンスの経済的調査である。又、③瑕疵担保及び損害賠償における調査・鑑定は、法的調査と位置づける。

建物資産鑑定に必要な書類(予備調査及び本調査にあたり)
①委任状及び権利に関わる承諾書
②付近見取図
③建築確認済証(平成4年以前の場合は確認通知書)、検査済書
④設計図書(設計図、仕様書、その他建物に関わる書類)
⑤その他予備調査にて必要な書類

www.cantechsjapan.com
 
コメントを投稿