2016年2月23日火曜日

企業倒産予知モデルその2とは?

1、企業倒産予知モデル:白田佳子著
SAF値=0.01036X1+0.02682X2-0.06610X3-0.02368X4+0.70773
SAF2002:Simple Analysis of Failure 2002)

X1: 総資本留保利益率
X2: 総資本税引前当期利益率
X3: 棚卸資産回転期間
X4: 売上高金利負担率
倒産判別点:判別点は0.68となる。0.68以下なら倒産の可能性が高い、0.68以上であれば、倒産の可能性は低い。全企業(全業種・全規模)に対応した判別式

2、アルトマンの倒産判別モデル
Z=1.2×(X1)+1.4×(X2)+3.3×(X3)+0.6×(X4)+1.0×(X5)

X1: 運転資本の増加÷総資産
X2: 内部留保÷総資産
X3: 税引前営業利益÷総資産
X4: 発行済株式数×株価÷有利子負債
X5: 売上高÷総資産
倒産判別点:判別点は2.675以下なら倒産、2.675超であれば、非倒産と判別される。

3、倒産企業データ及び優良企業のサンプルデータによる倒産判別モデル(統計技法による及川ゼミ資料による:製造業)
T=ー1.61×(X1)+0.911×(X2)+0.381×(X3)+0.263×(X4)

X1: 当座比率(当座資産と流動負債の金額比率)
X2: 自己資本比率
X3: 売上高経常利益率
X4: 棚卸資産回転率
倒産判別点:判別点-81となり、-81より大きければ大きいほど倒産の可能性が高く、ー81以下で小さければ小さいほど、倒産の可能性は低くなる。




 
コメントを投稿